ECC編入学院TOP >> コース案内 >> 理系編入対策コース >> 卒業生の声

理系編入対策コース / 卒業生の声
コース案内

OB・OGの声で綴る、編入学合格の視点

2016年度

  • 合格:大阪大学 他1校

  • 合格:大阪大学 他1校

  • 合格:岡山大学

  • 合格:神戸大学 他2校

  • 合格:神戸大学 他1校

  • 合格:神戸大学 他1校

  • 合格:神戸大学

  • 合格:神戸大学 他1校

  • 合格:奈良女子大学

  • 合格:広島大学 他1校

  • 合格:広島大学

  • 合格:福井大学


2015年度

  • 合格:神戸大学

  • 合格:神戸大学

  • 合格:神戸大学

  • 合格:岡山大学

  • 合格:神戸大学 他1校

  • 合格:大阪府立大学

  • 合格:神戸大学 他1校

  • 合格:名古屋大学

  • 合格:名古屋大学

  • 合格:大阪府立大学

  • 合格:京都工芸繊維大学

  • 合格:京都府立大学

  • 合格:徳島大学

  • 合格:豊橋技術科学大学 他1校

  • 合格:三重大学

  • 合格:岐阜大学 他1校

  • 合格:三重大学

  • 合格:岡山県立大学 他1校

  • 合格:奈良女子大学




2016年度

多くの人の支えで勝ちとった合格

岐阜市立看護専門学校 出身

合格大学
大阪大学 医学部 保健学科
滋賀医科大学 医学部 保健学科

 私は1年半前からECCに通い、英語を集中的に勉強しました。ECCのテキストはとても難しく、予習の全訳にかなり時間がかかり、このままで合格できるのかと不安になる日もありました。でも、先生や他の子の訳を聞いて自分の解釈や訳と比べることで誤って覚えていたものが明確になったり、少しでも相手に伝わりやすい訳を意識できるようになったりして前向きに勉強できるようになりました。
 また、早めに通ったことで様々な難易度の英文、他学部の過去問に取り組むことができ、英文への対応力も上がったと思います。そのおかげで、出願期限ぎりぎりに名大だけでなく阪大も受けてみたいと出願すると決めた阪大受験に成功したのだと思っています。あとは、私の受験を応援してくれた人たちの存在です。学校ではそこまでして大学に行く必要があるのかと友人に言われ悩んでいましたが、ECCにはいつでも話を聞いてくださったアドバイザー、授業が終わっても過去問の全訳をして指導してくださった先生、自らの体験も踏まえアドバイスや応援してくれたり、会いに来てくれたりする多くの友人がいて、私の力となり、安心して試験に臨めました。多くの人の支えで勝ちとった合格なので、その人達の応援を無駄にしないよう、これからも自分の進みたい道のために勉強していきたいと思います。みなさんも頑張ってください!


一度決めた目標は変えないこと

神戸市立工業高等専門学校 出身

合格大学
大阪大学 工学部
広島大学 工学部
信州大学 工学部

 私は大阪大学、広島大学、信州大学に合格することができました。約1年間受験勉強に取り組み、第1志望の大学に合格することができ1年間努力してきて本当に良かったと思っています。お世話になった先生方、本当にありがとうございました。
 これから編入試験を受ける方は、志望大学合格に向けてあきらめず頑張ってください。一生懸命やれば案外どうにかなります。
【スランプ克服法】「やる気が出ない時、スランプに陥った時でもとりあえず机に向かい勉強すること。」
【効果的な学習法】「本質的な理解ができるようじっくり考え勉強すること」例えば、数学でよく考えずに演習量を積んでも実力はあまりつきませんでした。
【受験生としての心得】「一度決めた目標は変えないこと」
第1志望に合格できるか不安になり、志望校を変えようか迷う時もありましたが、目標を変えずに頑張ってよかったです。妥協すれば絶対に後悔すると思います。


同じ志を持つ人に囲まれると自分を高めることが出来ます。

近畿大学 理工学部 出身

合格大学
岡山大学 理学部

 編入試験に無事合格できたこと、このECCで学べたことを心から感謝しています。
私がECCを選んだのは実績があったということもありましたが、私が目指していた大学よりも、はるかに高いレベルの大学を志望している人が多かったというのが大きいです。周りを囲まれると、心が引き締まりましたし、自分を高めることが出来ました。
正直、私がECCで学んだのは、学問というより同じ志を持つ人は自分以外にも沢山いるという事実です。合格したいという気持ちも大きかったですが、ときに逃げ出したい時もありました。そういう時は、ECCに来て自分を激励しました。ですが、本当に勉強をしたくない、何もしたくない時は無理に何かをすることはなく、自分のしたいようにして過ごしました。これは、入試へのモチベーションを上げるための私なりに導いた秘訣です。本番1か月前はほとんど勉強はしていません。通っていた大学の事で精一杯でした。ECCで与えられるもの以外、特別なことは何もせず、むしろしたいことをしてみて下さい。きっと、良い結果に繋がると思います。


受験勉強だけでなく現在の大学や仕事にも一生懸命取り組むことが大切

関西学院大学 総合政策学部 出身

合格大学
神戸大学 農学部
島根大学 生物資源科学部
宇都宮大学 農学部

 文系から理系の編入であったり、授業料を自分でアルバイト代から払ったりと、何かと人よりハンデの多い受験生活だった気がします。ただ、そんな私でも最終的に3校から合格通知をいただきました。恐れ多いですが、個人的に思った合格の秘訣を書かせていただきます。
まず、第一にあきらめないことです。受験生活の中で苦しいことは何度もありました。春休み、皆が集中して受験勉強に取り組む中、私は授業料捻出のため授業のある日以外はアルバイトをしていました。とても苦しい時期でした。大学の友人や親に内緒で大学編入を目指しており、受験生活は孤独な戦いでもありました。そんな中でもアドバイザーの方や先生に支えて頂きながら最後まで頑張ることができました。様々な困難があると思いますが、耐え忍び最後まであきらめず頑張ることが大切だと思います。
志望校の情報集めも重要です。私は地方の大学への進学も考えていたので、複数の大学を受験させて頂きました。経験して分かったことは、大学によって試験科目や形式が違います。志望校が固まる前でも後でも志望校の情報収集は大切です。過去問題請求も具体的な出題傾向が分かるためとても大事です。ECCが過去問題等を持っている大学もあるので最大限活用してください。
学生であったり社会人であったり、様々な環境で大学編入を志す方がいると思います。受験勉強だけでなく現在の大学や仕事を両立しながら受験勉強をする人が多いと思います。個人的には、受験勉強だけでなく現在の大学や仕事にも一生懸命取り組むことが大切だと思います。意外なことが受験勉強に活きたりモチベーションの維持につながります。また、学生の方は出身学校の成績も見られます。今の学校や仕事との両立、大変ではあると思いますが頑張ってみてください。
この度、大学編入の受験勉強を通して、勉強だけでなく人間としても成長することができました。受験勉強ではあれも勉強したい、これも勉強したいとなるかもしれませんが、まず、目の前のことをがむしゃらに片づけていきましょう。孤独や不安に負けそうになる時もあると思いますが、あきらめず、最後まで頑張れば何か自分の糧になると思います。これから大学編入を志す方、頑張ってください。


人生は一回きりなんですから、悔いのないように

奈良工業高等専門学校 出身

合格大学
神戸大学 理学部
大阪府立大学 工学域

 正直、編入は辛かったです(笑)。合格の扉がいつまでたっても見えなかったです。勉強してもいくら勉強しても近づく実感はなかったです。そんな僕が編入を合格し、今これを書いています。
僕が言いたいのは、見えない道を歩くのが編入だと思います。すごく怖かったです。どうやってこの恐怖心と戦ったと思いますか?それは勉強することです(笑)。今だから、合格したから言えるのかもしれないけれど、だれにも勉強量で負けたことがないと僕は思います。人一倍勉強しました。自分は天才肌ではないのを知っているから、勉強しました。絶対に周りに負けたくないから勉強しました。神戸大学に入りたいから勉強しました。すみません、勉強勉強って言って(笑)。でも、思うんです。精一杯死に物狂いで得られた結果が不合格なら、受け入れられるかなって。そう思ったら、怖くなくなったんです。
あんなにバカだった僕が編入できたんです。これを読んでいる方も、あきらめずチャレンジして下さい。人生は一回きりなんですから、悔いのないように!!(笑)
クサい言葉をつらつらとすみません。ありがとうございました。


「自分が本当に学びたいことをするために頑張るんだ」という気持ちが大切

大阪教育大学 教育学部 出身

合格大学
神戸大学 理学部
奈良女子大学 理学部

 編入の勉強をするなら、まずECCのテキストをしっかりこなしていけば大丈夫だと思います。予習、復習、やった問題の添削をしてもらうということが習慣づけば、かなり力がつきます。
また、たくさんの問題にあたって、たくさん手を動かしていくのも大事だと思います。頭を使うだけとか知識を詰めこむだけよりは、英文和訳や専門の記述などを解いて、わからなければ辞書や図説で調べて、さらにアウトプットしていくという方法がいちばん身につくし、実際の試験本番の対策にもなります。
周りが遊んでいる中で、自分だけ受験勉強をしないといけないというのは大変だし、モチベーションを保つのもしんどいことですが、今いる大学にずっといることのデメリットや編入できたときのメリットなどを考えれば、勉強も苦しくなくなると思います。
何より「自分が本当に学びたいことをするために頑張るんだ」という気持ちが大切だと思います!


重要なのは自分の学習時間作りと編入したいという信念

関西大学 環境都市工学部 出身

合格大学
神戸大学 工学部

 まず、はじめに、自分の学習時間をいかに作っていくのかが重要になっていきます。僕の場合、学校で空きコマなどにすぐに図書館に行き、1時間集中してこれをやるなどの計画性をもった学習時間の作り方をしていました。
 あともう一つ重要なのは、どれだけそこの大学に行きたいのかという信念を常にもっていくことです。大学に入ってこういうことを学び、将来このようなことをしたい、そのために絶対この大学に入ってやるんだという強い心が必要です。あとは自分自身に嘘をつかないことです。例えば、数学をやっていてこの問題はまあこの程度の理解で十分だろうという浅はかな考えは一切捨てていきました。1問1問に対する完ペキな理解を求めていくことで、本番では絶対に間違うことのない自信を身につけることができます。理系、特に神戸大学を受験する人たちはまず数学を完ペキにしてくと良いと思います。
 数学を制する者が神戸大学に受かることができると思います。


何度も復習を繰り返すことで少しずつ力をつけることができた

神戸市立工業高等専門学校 出身

合格大学
神戸大学 工学部
豊橋技術科学大学 工学部

 私はレギュラーコースからECCに通い始めました。ECCに入るまで焦って勉強をしていましたが、範囲が広く何を重点的に勉強すればいいのか分からない状態でした。
 ECCでは、英語・数学・物理の授業を受け、復習をしっかり行うことで効率よく受験勉強が進み、空いた時間で化学の勉強もしっかりできました。模試や普段の小テストで思うように良い点数をとれなかった時もありましたが、何度も復習を繰り返すことで少しずつ力をつけることができました。今でも、あの時あきらめずに集中して勉強し続けてよかったなと心から思います。
 これから編入試験を受ける方も油断せず最後まであきらめないでください!


ECCのサポートで勉強面、精神面で救われました。

滋賀県立大学 環境科学部 出身

合格大学
奈良女子大学 理学部

 編入受験は、私にとって本当に大変で辛かったです。大学の授業や課題との両立が難しく、なかなか受験勉強に時間を割けずに焦りや不安ばかりが募っていきました。こんな勉強量で合格できるはずがないと試験を受ける前から弱気になっていました。
しかし、ECCに通っていたおかげで何度も挫けそうになりながらも高校時代からの第一志望に合格することができました。ECCでは、講義内容はもちろん受験に対する取り組み方や志望校についてのアドバイスなど、幅広くサポートしていただき勉強面でも精神面でも大変救われました。一人で黙々と勉強していたら、おそらく途中で挫折してしまい初志貫徹することはできなかったと思います。
様々な面で編入受験を支えて下さった先生方、本当にありがとうございました。そして、これから編入を目指される皆さん、時には心が折れそうになることもあるかもしれませんが、志望校に対する強い思いを忘れず日々地道な努力を続けて下さい。積み重ねた努力は、きっと受験のときに味方をしてくれると思います。


なぜ編入したいのかの理由を明確にしよう

摂南大学 理工学部 出身

合格大学
広島大学 工学部
山口大学 工学部

 今回の試験で合格できた一番の要因は、なぜ編入したいのかを明確にしたからだと思います。別に本来しなくてもよい編入試験なのに、なぜしたいのかアドバイザーの方と考えその理由を明確にすることで編入に対する気持ちがより一層強くなりました。結局、編入試験で一番大切なのはこの気持ちがいかに強いかだと思います。
 学習法については、とりあえず復習です。同じ教材を答えを覚えてしまうくらい何回も何回も解き直すことで自然と力がついてきます。いろんな教材に手を出すより、一冊を確実にすることが大切だと思います。
 最後に、普通に大学生活を送っていては絶対に味わうことのできない、この格別な喜びを味わえて本当に幸せです。そして、これを支えてくれた周りの方々には感謝してもしきれません。本当に編入という道を選んでよかったです。


初めのうちは英語を多く勉強しておくことがおすすめ

近畿大学 理工学部 出身

合格大学
広島大学 生物生産学部

 私は毎日授業終りに図書館に行き、2時間ほど勉強して家に帰って3時間ほど勉強していました。土日に家で集中できなくなった時は、カフェに行って勉強していました。1ヶ月に3回は息抜きに友達を遊んだりもしていました。
後輩には、初めのうちは英語を多く勉強しておくことをおすすめします。私は受験勉強の後半、英語で苦戦していたので(笑)TOEIC(R)TESTがある人は早めに得点を取っておくと良いと思います。学校の勉強との両立は苦しいと思うけど、頑張って下さい。


しっかりと情報を集め志望校を狙った勉強法をしよう

奈良工業高等専門学校 出身

合格大学
福井大学 工学部
豊橋技術科学大学 工学部

 編入は少し特殊な所があるので、しっかりと情報を集め志望校を狙った勉強法が必要だと思う。大学によって教科は一緒でも出題傾向が違ったりするので、過去問を多く集めることが大切。そこから自分で考えて勉強していけば良いと思う。
数学と英語も大事だが、専門の方が重要な気がするので、専門は特に復習が必要。数学と英語はECCの授業をしっかりやれば解けると思う。毎日何時間も勉強するのはしんどい事だが、こんなに勉強することも受験がないとしない事だし、いい経験になったと思う。とりあえず、勉強の質も大事だけど量も質以上に大事になると思うし、結果はどうであれ編入の時に頑張ったという自信がつけば今後にもつながると思うので、これから編入を目指す人はめげずに頑張って欲しい。


2015年度

授業では小テストがあり、やる気UPにつながった。

関西大学 化学生命工学部 出身

合格大学
神戸大学 工学部

  レギュラー数学は非常にわかりやすい授業で、確実に点数の取れる科目になりました。小テストも毎回あり、成績は発表されるので、やる気UPにつながりました。先生も快く質問に答えてくださり、本当に良かったです。レギュラー物理は、どこが頻出問題か、どこが大切かなどをプリントにまとめてくださったのが非常に助かりました。数学と同様に小テストもあったので、やる気UPにつながりました。添削もしてくださり、自分の大体の実力も知ることができました。理系小論文は、文章の書き方をパターンに分けて教えてくれたところが良かったです。繰り返し演習させてもらい、丁寧に添削してくださるので、非常に良かったです。先ずは絶対に合格するという強い気持ちを持つことが大切だと思います。このことを前提に学習法について書きたいと思います。おすすめは数学と物理・化学・生物等の理系科目では問題集や授業テストのチェック表を作ることです。○、△、×等で記録していくことで、一目でどこができていないかがわかります。そして1週目、2週目と進んでいくうちに○が多くなっていくのが実感できます。最終目標は、奇問などを除く全部の問題が○になることです。この時、実力がついていると思います。英語についてですが、僕は毎日英語の本を読んで、英文に慣れるようにしたところ、スラスラと読めるようになったので、よいかも知れません。


本番では授業中の問題とほぼ一緒の出題だった。

香川大学 農学部 出身

合格大学
神戸大学 工学部

 私は、講座をとる前は自分の勉強法に自信が持てず、自己流のやり方で点数をとれるかどうか不安で仕方ありませんでした。しかし「レギュラー物理」の講義の中では先生が各志望校ごとに効果的な対策を分析してくださったので、テキストの中からやるべき問題をピックアップしたプリントをもらえましたので、実際にそのプリントに載っている対策と授業中に行った問題をやりこむことで、十分受験に対応することができました。少しでも物理という教科に不安を持っている方は絶対に受講すべきだと思います。「工学部数学テストゼミ」では、毎回先生が選んでくださったテストを解き、その解説が行われるというスタイルですが、そこでは全然できなかったとしても、間違った問題をテストまでに解けるようにしておけば、本番でよい点を取れると思います。実際に今回神戸大学工学部編入試験では、授業中に行った問題とほぼ一緒の問題が出題されました。物理学は独学で勉強しようと思ってもなかなかどのくらいのレベルまでやればよいか、どの参考書を使用すれば良いかなど、判断が非常に難しいので、先生が配布したプリントをやっておくだけでテストで非常に良い点数をとることができました。「工学部数学テストゼミ」「物理テストゼミ」は校舎で受講しました。
 この編入試験を通して、編入を受けると考えた人は、強い意志を持ち、周りに頼りながら勉強に励み、是非合格を勝ち取って欲しいと思います。「合格の雄叫びをあげよう!」


自分の性格を分析することが重要!

立命館大学 理工学部 出身

合格大学
神戸大学 工学部

 僕が編入を考えたのは、浪人のセンター後です。浪人で受かった立命館大学に行き、大学では一旦楽しもうと決めていたので、1年間勉強は全くせず、週6の部活とバイトとあそびで全ての時間を使いました。勉強を始めたのは、成人式が終わってからです。それからは、ECCの授業を受けて問題集を解くの繰り返しでした。浪人に比べて、教科が少なくなったのが自分にはすごく合っていました。僕が今回合格した中で、一番大きかったのは自己分析だと思いました。実際、勉強に費やした時間は、他の人に比べてだいぶ少ないと思いますが、効率が良かったなと思いました。この効率は、自分の性格に合った勉強法を考えたことです。皆さんも自分に合った勉強法を見つけてくださいね。応援しています。


最後まで粘り強く考え通すこと!

豊田工業高等専門学校 情報工学科 出身

合格大学
岡山大学 理学部

 理系英語は、読解に関して教えていただいたテクニックを実際の試験に役立てることができました。数学は、試験で求められる解法を確実におさえることができると思います。数学科志望の私にとっておおよその範囲がカバーできましたし、数学を理解するという点においても演習が重要であるということは、言うまでもないと思います。反省点として、もっと効率的な勉強を行うべきだったと感じました。例えば数学の問題を一日中考えたりしていたのですが、その問題を考える他にもやるべき事をやらなければいけなかったと思いました。また良かった点としては、最後まであきらめずに粘り強く考え通すことです。そのお陰でぎりぎり解けた問題もかなりありました。


英語の授業では先生の説明に感動しきりでした。

岐阜大学 工学部 出身

合格大学
神戸大学 工学部
岡山大学 工学部

 レギュラー英語はとにかく読解問題のレベルが高く、予習においても苦労していました。しかしこの授業を消化したおかげで実際に試験問題を解いた時に「それほど難しくない」と思うようになりました。前期では構文を中心に学びましたが、この授業は唸りたくなるような構文の説明、訳に感動しきりでした。もちろん訳の精度も大幅に向上しました。後期では英作文の授業でしたが、一つ一つ丁寧に教えていただいて、様々な解き方を覚えることができたのが良かったです。私が思う効果的な学習方法はとにかく「質問」することだと思います。わからないことがあったら聞いてその日のうちに解決することで次に問題を解く時に解けるようになったりすることはあります。聞かなくてあとで後悔すると辛いですよ。私はこうして合格することができましたが、もう少し前期の授業時期に勉強しておけばよかったと思っています。試験は抜かりなく挑むべきです。後輩の皆さん、編入することを決めたからには絶対に後悔しないように勉強してください。ECCにはそうした環境が揃っていると思います。


とにかく早め早めが大切!

奈良工業高等専門学校 電子制御工学科 出身

合格大学
大阪府立大学 工学域

 受験勉強をしないといけない意識がついた点と高専ではさらっとする数学をわかりやすく復習できた点が良かったです。毎回英単語のテストがあるので、英単語帳を定期的にみるようになりました。まず勉強を楽しむこと。TOEIC®Testを提出しなければならなかったので、受験にスコアが必要な人は早めに受けるべきです。自分はかなり後悔しました。数学は予習・復習が大事。とにかく早め早めが大事です。早めに準備しておくと試験直前に焦らずにすみます。


編入試験で求められるものは「忍耐力」と「行動力」!

De Anza短期大学 Liberal Arts学部 出身

合格大学
神戸大学 発達科学部
名古屋大学 教育学部

 編入試験は情報も少なければ、門も狭く、厳しい戦いです。ですからECCで友達を作ることは大事なことだと思います。小論文を書いて持ち寄ったり、赤本の英語問題を宿題にして解いてくるなど、一人ではさぼりがちになる時期をグループで支えあうことで乗り越えることができました。また、自分の志望校にECCから合格した先輩からの勉強法のアドバイスをいただいたりして、自分の進む方向を修正していきました。大学のホームページやECCの本棚にある資料は誰でも見ることができるものです。しかし、一緒に頑張る仲間や先生方の応援・アドバイス、研究室を訪問して仕入れる情報などは、自分が積極的に行動しない限り、得られません。編入試験で求められるものは、忍耐力と行動力だと思います。 また、論述や志望理由書の書き方がわからない中、やみくもに挑戦することは無駄と思われがちですが、早い時期から書く練習や知識を結び付ける練習をしていた方が、後々楽だと思います。また、原案がないままただ悩んだりする方が、時間がもったいない。最初の一歩目から完璧を求められる先生はいらっしゃいません。むしろ時間をかけてゆっくりと話し合い、アドバイスをいただきながら修正を重ねた方がクオリティの高いものができる筈です。私たちはまだ入門すらしていないですから、変なプライドは捨てて先生方を頼りましょう。明日の自分が自信を持てるような今日を過ごせば、合格は近付いてくるはずです。


看護を目指すなら自分の看護観に自信を持とう。

愛知県立総合看護専門学校出身

合格大学
名古屋大学 医学部保健学科

 看護は専門科目に重きを置いている大学が多いので、看護系大学に編入したい人は看護学の勉強を1年生のころから意識して行い、自分の看護観を自信を持って主張できるよう臨地実習に臨むことをお勧めします。大学に合格できた要因はいくつかありますが、メンタルをよい状態で保つことが重要だと思います。不安があるとメンタルが弱くなるので、私の場合は英語の単語力の無さと思考力を見つめて苦手なことから逃げないようにして、ニュースに対して自分の意見を論理的に述べられるよう意識し続けました。また大学に落ちた時に高校の尊敬する先生に「編入して必ず大学へ行きます。」と言うと「その悔しさを忘れるな。」と言われたことが、ずっと心に残っていました。心が折れてしまいそうになった時は、その言葉を思い出し、先生に合格の報告をすることを夢見て心を奮い立たせていました。「合格」というものを得るには過去の失敗を忘れず、その時の思いを糧にしてやり遂げることが必要です。辛いこともたくさんあると思いますが、周囲の人の支えを力に「合格するんだ!」という思いを貫ききってください。


目的、各スパンの目標・理由を明確に持とう!

星城大学 リハビリテーション学部 出身

合格大学
名古屋大学 医学部保健学科(理学療法学)

 私は4月からECCに通いました。その中で最も大事なことを見つけました。それは志望理由です。ECCに入学したのは勢いもあったので、理由も曖昧なまま過ごしていました。そうすると入学した当初は良かったものの、ECCで勉強していても家でやらなくなった時もありました。そして本格的に志望理由を考える際も迷いがたくさん出てきました。目的、各スパンの目標、理由を明確に持ってほしいと思います。計画を立てても結果のみを見ないでください。その人にはその人の人生を生き、いま編入という手段を選んだ。意識を持ち、計画を立て、悩みながらもがきながら試験を迎え、結果を得る。すべて結果で判断すればヤル気を失ってしまいます。最後に私はやりたいことをやって合格を掴みました。あなたもやりたいことをやってください。合否は通過点で、大事なのはその後です。


今の専門と違う分野でもチャレンジしてください。

長崎大学 環境科学部 出身

合格大学
大阪府立大学 工学域

 数学は先生が「問題を解けるようになるのではなく、数学を深く理解することが大切だ」と教えていただいたことが良かったです。数学に対する考え方も変わったように感じました。直前期には、面接対策に力を入れました。想定される質問をできる限り多くピックアップし、その質問に滞りなく答えられるよう練習しました。試験科目の学習も制限時間を設定した模試形式で行うなど、本番に力を出し切れるような勉強法が良いと思います。私は大学3年次の夏休みに編入することを決めました。そこで志望校に選んだのは大阪府立大学でしたが、選ぶにあたって、最も重視したのは自分がやりたい事(研究内容)が十分にできるのかどうかでした。編入にあたって専攻が大きく変わったため、専門科目を基礎から学ぶ必要があり、大学で使われているようなテキストを購入して、その習得に努めました。テキストを選ぶ際には、行きたい大学のシラバスを見て、授業で使われているテキストから選ぶのが良いと思います。また大学のシラバスを見れば1・2年までに学習する範囲もおおよそ知ることができますし、シラバスは大きな情報源になりうるはずです。私は、専門科目を含め、やらなければならない科目が多く、勉強は大変でしたが、しっかりとした目標や夢を持てたので、合格できたのだと思います。今の専門と違う分野へ行きたい人も、是非チャレンジしてください。


どんな小さな質問でもしっかり対応してくれた。

神戸市立工業高等専門学校 応用化学科在籍 出身

合格大学
京都工芸繊維大学 工芸科学部

 私の場合、高専出身なので英語にあまりふれずに学生時代を過ごしました。その影響で、基礎も一切できていませんでした。授業の前に先生の質問タイムがあり、大変助かりました。長文、英作文、文法、単語の全てにおいて学ぶことができました。どんな小さな質問でも、しっかり対応してくれるところが、とても良かったです。
 夏期講習の基礎英語構文研究は、英文法の復習に最適でした。直前対策の工学系英語テストゼミは、自分の実力を把握するのにうってつけの講座でした。心を折られる講座ですが、その分知識を吸収し、レベルアップできました。
 受験は勝負です。他人より一問でも多く解き、一つでも多く単語を覚えれば合格します。とにかくめげずにやり切る!それだけですが、誰しも人ですのでくじけます。その時は思いっきり遊びましょう。やりたい事をしましょう。やりつくしたら、おのずと勉強できるようになります。以上、ガンバッテ!


合格の秘訣は「第一志望に対する思い」

近畿大学 農学部 出身

合格大学
京都府立大学 生活環境学部

 編入試験は自分に対するけじめでした。一浪したけど、第一志望の大学に行けず、とても悔しかったです。そんなとき、ふと思いついたのが「編入試験」でした。第二志望の大学では、本当にやりたい勉強ができず、将来の夢である『研究者』になることをあきらめなければなりませんでした。夢をあきらめたくない一心で、編入試験を受験しました。
 合格の秘訣は、「第一志望に対する熱い思い」です。私は京都府立大学のことしか考えていなかったので、滑り止めを受けていません。そのぶん熱意はすごくありました。そのお陰で合格することができたのだと思います。効果的な学習方法は、曜日毎に学習プランを設定することです。大学とアルバイトの両立の中で、勉強時間を作るのは大変ですが、習慣づいてくると苦ではなくなります。詰めすぎはよくないので、たまに息抜きもしました。勉強と息抜きのバランスも重要だと思います。スランプ克服法に関しては、「勉強する気力がないなら、遊べるだけ遊ぶ。」です。勉強は『時間』ではなく『質』が大事です。やる気がなくダラダラする勉強とやる気があり、真剣にする勉強を比べると、明らかに後者がベストです。ダラダラ時間をかけるよりは、スラスラと時間をかけずに効率よく勉強をする方がいいです。私は短時間しか集中できないので、この方法で勉強しました。「編入」と聞くと、いろいろなイメージを抱くと思いますが、すごくいいものですよ。合格した時に得られるものは、きっと将来の役に立つし、編入試験を乗り越えたという自信もつきます。もし迷っている方がいれば、是非チャレンジしてみてください。


先生とアドバイザーが言ったことをしっかり聞いた。

大阪産業大学 工学部 出身

合格大学
徳島大学 工学部

 英語は文法の細かい違いや、文構造を丁寧に教えていただけ、自習に関するアドバイスももらえとても効率的に勉強ができました。また授業時間以外でも質問をすると丁寧に教えてくださいました。数学では、公式をただ覚えるのではなく、公式の意味を丁寧に説明していただいたおかげで、数学に対する理解が深まりました。毎回の小テストでは、周りと競うことができ、とても勉強がはかどりました。物理では覚えるべき公式や問題のパターンを絞って教えていただいたことによって、苦手な物理である程度の問題に答えることができました。理系小論文では、書き方の基本、採点基準など始めて小論文を書く人でもわかりやすかった。毎回の添削でのアドバイスは、とてもためになりました。合格するのに大事なことは、先生やアドバイザーの方が言ったことをしっかり聞くことに尽きると思います。
 ECCにはたくさんの編入を希望する仲間がいます。仲間とともに切磋琢磨して頑張ってください。


苦手意識があった勉強も無理なくできた。

奈良工業高等専門学校 電子制御工学科 出身

合格大学
豊橋技術科学大学 工学部
和歌山大学 システム工学部

 私が編入を意識し始めたのは、4年生になってからでした。秋頃にクラスメイトに誘われて、ECCに入学しました。正直、高専に入学してから勉強する習慣はなく、毎回課題やテスト勉強をするうちに、苦手意識があった勉強を無理なくできました。勉強をするときはまとめてするのではなく、コツコツやると無理なくできると思います。また英単語などの暗記モノは通学の時、空いた時間にやればいいと思います。過去問題は試験の3か月前ほどに解いて、傾向を掴んで、苦手な問題を復習して、直前にもう一度解けばいいと思います。


まわりと情報交換できたのが励みになった。

愛知工業大学 工学部 出身

合格大学
三重大学 工学部

 数学は前期の授業で大学レベルの数学の基本的なことから教えていただき、本当にわかりやすかったです。また教科書とは別に購入した問題集を並行していてよかったです。問題も後期になると難しく、前期で学んだ問題が多く出てきてよかったです。
 自分が何故大学編入を考えたかというと、高校を卒業し、1年浪人してそこで受験に失敗し、現在の大学に入学が決まってしまい、今の大学にいる自分にコンプレックスを持っていて、こんな失敗ばかりの人生でいいのか?と思いもう一度頑張ってみようと編入を考えました。
 しかし四年制大学から他大学へ編入するという人がまわりに全然いないので、入学して1年生の12月くらいまで編入したいけどどうしようという感じでしたが、1月にガイダンスを受けて、その時にいろいろ聞きECCに入学しました。ECCでは自分と同じ四年制大学から編入しようとしている人がいてその人たちと情報交換して本当に励みになりました。高専や専門学校の人達もいて、編入試験に関していろいろなことを教えてもらい、受験するにあたって大変助かりました。
 最後に合格通知をもらった時は、負けてばかりの人生とサヨナラできたので、本当に頑張ってよかったと思いました。


「編入する目的」「意志」「継続的な努力」を忘れずに!

豊田工業高等専門学校 生産環境学科 出身

合格大学
岐阜大学 応用生物学部
信州大学 農学部

 私は学科変更を伴う編入試験であったため、周りにも同じ境遇の方はほとんどおらず、自分一人で受験に挑むようなものでした。やはり同志がいないのは厳しいものですし、周りの進路が次々に決まっていくことは、さらに追い打ちをかけてきました。かなりの困難を伴い、不安でしたが自分のやりたいことなので必死に頑張りました。合格に至るための道筋をあれこれ聞いたり参考にしたり、編入を目指す同志がいる中で学習することができるのはECCの特権でしょうか。特に目的を共にする仲間というのは不安を安らげてくれます。大学に入るのは簡単ではないというものです。編入だろうがセンターだろうが苦労する部分は違えども、楽ではありません。しかし編入は多様な人が受験できるので、募集人員は少ないですが門戸が広い一面もあります。今学生生活を送っている人も何か「やりたい」と強く思えるものがあれば、そして現状変更を望むのであれば、受験する価値は十分にあります。「編入する目的・意志・継続的な努力」この3つを忘れず、実行できれば必ず結果はついてきますよ。


強い思いが面接でのアピールポイントになった。

中京大学 総合政策学部 出身

合格大学
三重大学 生物資源学部

 編入試験はその特性上、入試日程が重ならない限り、自分の希望した数だけ受験できるため、遅くとも自分の第一志望の大学を受験する前には、一校以上の別大学に合格しておき、気持ちに余裕を作っておくことが大切だと思います。まず一つの選択肢を確保しておくことで、それ以上の大学の編入試験に向けてより思い切った対策を講じることができ、また特に面接試験においては「既に合格通知を受け取っている」という心の余裕がプラスの方向へと作用する場面が多々あります。従って様々な大学を受験する中で、第一に「ここは絶対に合格する」という大学を一つ定め、その大学に向けてしっかりと計画を立て、それをこなしていくことが大切だと思います。そして自分が必ず合格すると定めた大学に合格した後は、自分へのご褒美として数日思い切り休み、その後自分の第一志望の大学に向けた勉強を再開するというようなメリハリある過ごし方も重要だと思います。


別大学に合格しておき、気持ちの余裕を作っておく。

武庫川女子 短期大学部 出身

合格大学
岡山県立大学 保健福祉学部
武庫川女子大学 生活環境学部

 私は短期大学入学時から常に編入を意識して生活していました。短期大学のスケジュールは、実験や演習で忙しく、編入学を妥協しそうになったこともありました。また私の目指していた大学は、短期大学の定期試験の次の日が試験という過酷なものでした。  しかし栄養学が好きだ、絶対に管理栄養士になりたいという強い思いが編入学を成功させるまでの大きな糧になりました。今になっては、そのような強い思いが面接でのアピールポイントとなり、合格につながったのではないかと考えています。現在は、高校の頃から目指していた武庫川女子大学にも合格し、編入学に成功したことが自分の中で大きな自信になりました。編入学に合格したこと、ECCで学んだことを忘れずに、立派な管理栄養士を目指し、これからも勉強に励みたいと思います。編入を目指される皆さんには、自分の夢を諦めない強い気持ちをもって取り組んでいただきたいです。


先生の「言ってることは簡単なんだ」という言葉に支えられた。

関西学院大学 総合政策学部 出身

合格大学
奈良女子大学 生活環境学部

 先生の明確な教え、アドバイスが私の英語に対する姿勢を変えてくださいました。元々英語が苦手だったのですが、幸いなことに高校時代には英語の教師に恵まれ、あらゆる知識を身につけることができました。しかしせっかく身につけた知識を発揮する力を伴うまでには到達できませんでした。ですから「長文を読んで要約」といった形が主である編入英語に対して、最初はひどく消極的だったのですが、先生が良くおっしゃった「言ってることは簡単なんだ。」という言葉には、精神的に強く支えられました。また、英文読解の技術面に関しても明確に教えてくださり、こういった先生による明確なアドバイス、教え、テキストの質と演習量、全てが私のアウトプットを大いに高めてくれました。私が過去の後悔から言える、後輩へのメッセージは4つ。「実力はもちろん、自信が持てるだけの行動をしよう。」「多少の無理は自信につながる。」でも「健康で続けられる生活をしよう。」「自分の『感覚』ほど信じられるものはない。」「一見ややこしく難しく見えることも、実は単純なことなんだ。」ということです。最後に編入合格へとつながる環境・教えをくださったECCの皆様、本当にありがとうございました。幸せです。





ページトップへ

Copyright c ECC. All Rights Reserved.